Excelワークブックの作成【Python】

Excel操作

この記事の最終更新日: 2020年11月1日

ワークブックの作成

Excelを操作するプログラミング言語はExcelVBAが有名ですが、Pythonでも操作することが可能です。

今回は基本的な動作のワークブックの作成を解説していきます。

ワークブックを作成してワークシートに名前を付ける

create_workbook.py

from openpyxl import Workbook

wb = Workbook() #ワークブック作成
ws = wb.active  #アクティブ(選択されている)ワークブックを取得
ws.title = '作成されたワークシート'#ワークシートに名前を付ける
wb.save('NEW_CREATED_WORKBOOK.xlsx') #ワークブックに名前をつけて保存

このコードで、「作成されたワークシート」というシートを持った、「NEW_CREATED_WORKBOOK.xlsx」ファイルが作成できます。

複数のワークシートを作成する

複数のシートが必要な場合は、Workbookオブジェクトのcreate_sheetメソッドを使って作成できます。

create_workbook.py

from openpyxl import Workbook

wb = Workbook() #ワークブック作成
ws0 = wb.active  #アクティブ(選択されている)ワークブックを取得
ws0.title = 'ワークシート0'#ワークシートに名前を付ける
ws1 = wb.create_sheet('ワークシート1')
ws2 = wb.create_sheet('ワークシート2')

wb.save('NEW_CREATED_WORKBOOK2.xlsx') #ワークブックに名前をつけて保存

今後も引き続きExcel操作関連の処理について紹介していく予定です。

↓参考書籍「できる 仕事がはかどる Python自動処理 全部入り」

コメント

タイトルとURLをコピーしました