Kotlin 英単語アプリの作り方①【Android】【Kotlin】

Kotlin

この記事の最終更新日: 2020年11月1日

英単語アプリの完成イメージ

こんにちは。daigoroです。現在はPythonやKotlin、ExcelVBAの学習を積極的に行なっています。

Kotlin学習の過程で英単語アプリを開発する機会があったので、その経験をもとに英単語アプリの作り方について解説していきます。

完成イメージは以下のリンクを参照してください。気になる方はダウンロードして触ってみも良いでしょう。

Chain 英単語 Fruits & Vegetables 50 (English) - Apps on Google Play
Chain 英単語 Fruits & Vegetables 50 (English)  ver 1.0.1 アプリを開いてそのまま学べる英単語アプリです。 約50単語をイラスト付きで学べます。(フラッシュカード) 余計な機能を削ぎ落とした、シンプルで洗練されたデザインが強みです。 イラスト付きなので、イメージと英語...

作成に必要な環境

開発言語

開発言語はKotlinです。KotlinとはJavaの上位互換のような言語で、混在して記述することも可能です。

また、コーディングしやすく、エラーが発生しにくいように設計された言語です。

Android Studio

Androidアプリを開発するための開発環境です。最新版をダウンロードしておきましょう。

また、開発用に使えるAndroid端末を持っていない方はエミュレータをダウンロードしてPC上で動作確認することも可能です。

目標

英語の自動読み上げ機能の実装

現代の英単語アプリでは、音声がついていない方が珍しいです。Androidは英語での読み上げ機能に対応しているので、Kotlinで実装する方法について解説していきます。

フラッシュカード機能の実装

文字だけの単語帳より、イラストなどの視覚を使って覚えられる英単語アプリも一般的になっています。こちらの実装方法についても解説していきます。

今後の予定

次回はレイアウトの作成から解説していく予定です。

AndroidStudioは以下のリンクからダウンロードできます。

Download Android Studio and SDK tools  |  Android Developers
Download the official Android IDE and developer tools to build apps for Android phones, tablets, wearables, TVs, and more.

コメント

タイトルとURLをコピーしました