CSVファイルを読み込む【Python】

CSV関連

この記事の最終更新日: 2020年10月31日

CSVとは

CSV(Comma-Separated Values)は、複数の項目をカンマ(,)区切りのテキストファイルです。

カンマ区切りと改行で、行と列を表現できます。以下のファイルは、次のように行と列が表現されます。

・item_stock.csv

"商品ID","商品名","原価","在庫"
178573,〇〇掃除機,17000,10
287493,△△冷蔵庫,40000,2
974838,□□洗濯機,25000,6

        ↓

商品ID商品名原価在庫
178573〇〇掃除機1700010
287493△△冷蔵庫400002
974838□□洗濯機250006

互換性のないソフトウェアを連携させる場合など、CSVファイルはよく利用されます。

CSVファイルを読み込む処理は、非常に汎用的な処理の一つなので、覚えて損はないかと思います。

CSVファイルを読み込む

CSVファイルの読み込みは、以下のように行います。(読み込むだけなので、まだ何も起きません。)

import pandas as pd

df = pd.read_csv('item_stock.csv',encoding='utf-8' header=0)

・pd.read_csv関数について

引数引数の説明
引数1csvファイルのパス
引数2(encoding)csvファイルの文字コード
引き数3(header)0:ヘッダー行を読み込む。1:ヘッダー行を無視する。

読み込んだ情報を表示する

読み込んだ情報を使って、様々な表示ができます。

import pandas as pd

df = pd.read_csv('item_stock.csv',encoding='utf-8' header=0)

print("そのまま表示")
print(df)

print("行と列を入れ替えて表示")
print(df.T)

print("行と列の数を表示")
print(df.shape)

print("1行ずつ表示")
print(df.values)
そのまま表示
     商品ID    商品名     原価  在庫
0  178573  〇〇掃除機  17000  10
1  287493  △△冷蔵庫  40000   2
2  974838  □□洗濯機  25000   6

行と列を入れ替えて表示
           0       1       2
商品ID  178573  287493  974838
商品名    〇〇掃除機   △△冷蔵庫   □□洗濯機
原価     17000   40000   25000
在庫        10       2       6

行と列の数を表示
(3, 4)

1行ずつ表示
[[178573 '〇〇掃除機' 17000 10]
 [287493 '△△冷蔵庫' 40000 2]
 [974838 '□□洗濯機' 25000 6]]

CSVファイルを使ったより詳しい処理は、次回以降も紹介していく予定です。

↓参考書籍「できる 仕事がはかどる Python自動処理 全部入り」

コメント

タイトルとURLをコピーしました