PythonでCSVをJSONに変換する方法

yurupro python csv jsonPython
この記事は約2分で読めます。

この記事の最終更新日: 2023年1月26日

PythonでCSVをJSONに変換するには、csvモジュールとjsonモジュールを使用します。

下記は、CSVファイルを読み込んでJSONに変換するサンプルコードです。

import csv
import json

# CSVファイルのパスを指定
csv_file = "data.csv"

# CSVファイルを開く
with open(csv_file) as f:
    reader = csv.DictReader(f)
    # CSVファイルからデータを読み込む
    rows = list(reader)

# CSVデータをJSON形式に変換
json_data = json.dumps(rows)

# JSONデータを出力
print(json_data)

この例では、「data.csv」というファイルを読み込んで、JSON形式に変換しています。 変換後のデータは、json_data変数に格納されており、最後にprint関数で出力しています。

もしくは、第三者のライブラリを使用することもできます。

pip install pandas

上記コマンドを実行し、pandasをインストールした上で、

import pandas as pd
df = pd.read_csv('data.csv')
df.to_json('data.json', orient='records')

とすることで、同じことを実現することができます。

また、pandasを使用する場合は、read_csv関数にて多様なオプションを指定することができ、さらに、to_json関数でJSON出力時にも多様なオプションを指定することができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました