【完全初心者編】少しだけPythonを書いてみる【ゆるプロ日記 Python チュートリアル】

Python

この記事の最終更新日: 2022年1月17日

前回の記事はこちら

for Mac

PCのどこにコードを置くか決める

まずは前回インストールしたPyCharmを開きます。

PyCharmを開いたら、「New Project」をクリックします。

一番上のLocationからコードを保存するディレクトリと、フォルダ名を決めます。

(このフォルダを「プロジェクト(project)」と言うので覚えておきましょう。)

決めたらCreateをクリックしましょう。するとエディタが開きます。

かっこいい、いかにもプログラミング!っていうような画面が出てきます。

ここに自分のPythonファイルを追加していきます。

画面左上の「File」から、Newを選びます。

Newをクリックした後、「Python File」をクリックします。

それでは「hello.py」というファイルを作ってみましょう。

入力欄に「hello」もしくは「hello.py」と入力してEnterを押しましょう。

するとエディタに、今作った「hello.py」ファイルが表示されます。

これからここにコードを書いていきます。

print('hello')

と書いてみましょう。

書けたら、デバッグをしてみます。(コードを実験的に動かすこと。)

画面左上のRunより、Runを選んでクリックしてください。

そして、今作っているファイルの「hello」を選択します。

すると、画面下に実行結果が表示されるようになります。

今後実行するときは、左上の▶︎ボタンを押すことでデバッグを実行できます。

ここからデバッグ実行可能になりました。

今回は以上になります!お疲れ様でした!

for Windows

PCのどこにコードを置くか決める

まずは前回インストールしたPyCharmを開きます。

Windows版PyCharm

PyCharmを開いたら、「New Project」をクリックします。

一番上のLocationからコードを保存するディレクトリと、フォルダ名を決めます。

ここではFirstProjectというフォルダ名にしました。

(このフォルダを「プロジェクト(project)」と言うので覚えておきましょう。)

決めたらCreateをクリックしましょう。するとエディタが開きます。

かっこいい、いかにもプログラミング!っていうような画面が出てきます。

ここに自分のPythonファイルを追加していきます。

画面左上の「File」から、Newを選びます。

windows python チュートリアル 完全初心者向け

それでは「hello.py」というファイルを作ってみましょう。

入力欄に「hello」もしくは「hello.py」と入力してEnterを押しましょう。

するとエディタに、今作った「hello.py」ファイルが表示されます。

これからここにコードを書いていきます。

すると、画面下に実行結果が表示されるようになります。

今後実行するときは、左上の▶︎ボタンを押すことでデバッグを実行できます。

ここからデバッグ実行可能になりました。

今回は以上になります!お疲れ様でした!

次の記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました