Django 顧客マスタの作り方 ② 管理者ツールでレコードを追加【Python】【初心者向け】

Django

この記事の最終更新日: 2020年10月31日

データベース管理ツールの使い方

前回の記事でデータベースを構築し、テーブルを用意しました。次はデータベースの動作確認で必要なダミーデータを用意します。

Djangoには元々データベース管理ツールが用意されており、Web上で簡単にテーブルの管理を行うことができます。

今回はデータベース管理ツール(以下、DB管理ツール)の使い方について解説していきます。

管理者の作成

ツールを利用する前に、管理者を登録する必要があります。

管理者の登録はターミナルからコマンドで実行します。

anaconda navigatorからターミナルを開きます。

次に、以下のコマンドを実行します。

Python manage.py createsuperuser
エラーが発生した時は

・実行ディレクトリがプロジェクトフォルダのパスと一致しているか確認しましょう。

・コマンドに誤字がないか気をつけて実行しましょう。

・models.pyソースコードに誤字がないか確認しましょう。

コマンドの実行が完了したら、管理者情報を尋ねられます。

順番に入力して登録していきましょう。

質問項目意味
Username: 管理者の名前です。
Email address:メールアドレスを入力します。
Password:8文字以上の英数字でパスワードを入力します。
Password(again)確認のため、もう一度同じパスワードを入力します。

今回は練習なので、以下のように設定してみましょう。

質問項目入力する内容
Username:admin
Email address:(実際のEメールアドレス)
Password:yurupro123
Password(again)yurupro123
ターミナルのパスワード設定

PasswordとPassword(again)では、入力値が画面に表示されません!!

画面には表示されていないだけで、実際には入力できているので、間違えないように入力しましょう。

また、パスワードは簡単すぎると警告が出てくるので、英数字を混ぜたパスワードにしましょう。

テーブルを管理者ツールに登録する

次にCustomerモデルを管理者ツールに登録します。

管理者ツールで編集できるのは、あらかじめ管理者ツールで利用できるように設定したテーブルだけです。

ここでいう登録とは、管理者ツールへの設定のことです。

設定は、アプリケーションのadmin.pyというファイルで行います。

admin.pyに以下2行を書き加えましょう

admin.py

from django.contrib import admin
from .models import Customer

# Register your models here.
admin.site.register(Customer)

保存できたら設定完了です。

管理ツールでレコードを追加

それでは管理ツールにログインしてましょう。

webブラウザに以下のアドレスにアクセスしてください。

http://localhost:8000/admin
表示されない場合は

・URLが間違っていないか、もう一度確認しましょう。

・ローカルサーバが起動しているか確認しましょう。

 (ローカルサーバの起動方法を忘れた方は、この記事を参照してください。)

すると、次のような画面が表示されます。

管理者ログイン画面

先ほど設定した管理者名とパスワードを入力しましょう。

(Username:admin Password:yurupro123)

ログインに成功すると、次の画面が表示されます。

管理者画面
“Customer”が”Customers”に変わっている

モデルでは、”Customer”という名前でデータベースを作成しましたが、

ここでは”Customers”という複数形に変わっています。

これは仕様なので気にしなくても大丈夫です。

それではレコードを作成してみましょう。

Customersの横の「+ADD」をクリックしてください。

すると、以下の画面が表示されるので入力してみましょう。

この画面からレコードを追加(登録)できます。

入力する内容は適当で大丈夫ですが、思いつかない人は以下の値を入力してみましょう。

項目名入力値
Name田中 正男
Flg premiumtrue(チェックを入れる)
Mail addressmasao@gmail.com
Gender1
Age35
Birthday1985-12-12

入力が完了したら、右下の「SAVE」ボタンを押してみましょう。

成功すると、以下のような画面が表示されます。

idは自動発番なので気にしなくても大丈夫です。

以上、管理者ページの基本的な使い方の解説でした。

このページから、レコードの登録以外にも更新と削除を行うことができます。

色々と触りながら試してみましょう。

次の記事に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました