【Slackとは】社内コミュニケーションツール Slackとは【Slack入門】

PC作業

この記事の最終更新日: 2020年12月29日

slack

はじめに

職場では、社員同士のコミュニケーションツールの一つとしても、メールを使うことが多いと思います。
しかし、LINEなどのコミュニケーションツールを普段から使っていると、面倒だと感じませんか?

絶対に、LINEのようなツールがあれば使うべきだと考える人が多数かと思います。
今回紹介するSlackとは、会社や組織、プロジェクトなどのチームに適した、コミュニケーションツールになります。

Slackとは

改めて、Slackとは、会社や組織、プロジェクトなどのチームに適したコミュニケーションツール」になります。
Slack Technologies Incが提供しているコミュニケーションツールで、無料で利用できます。
主に次のような特徴を持っています。

Slcckの主な特徴
  • ブラウザでもアプリでも利用できるので、最低限ネットがあれば利用できる
  • SNSに近い感覚で利用できるチャットツール(絵文字や通知機能など)
  • 特定のメンバーを招待したチャンネルを作成可能(LINEのグループのようなもの)
  • 基本的には全体に発信するが、ダイレクトメッセージで個人間のやり取りが可能
  • ファイルや文書、リンクなども簡単にシェアできる

LINEとTwitterが合わさったようなものと考えても良いかもしれません。
企業や組織といいましたが、プライベート的なチームでも気軽に利用できます。

Slackの基礎知識

slack 基礎

最初に、企業や組織といったグループ単位でアカウントを作成します。
最初にアカウントを作成した人物が管理者になります。
そこにどんどんメンバーを追加して、Slackを使えるようにします。

Slackはアプリ開発現場に向いている

最近では、多くのアプリ開発でSlackが利用されているようです。
なぜSlackが多く利用されているのでしょうか。主な理由は以下の通りです。

1.開発でよく使うアプリやツールと連携できる

開発でよく使う、以下のようなアプリケーションやツールと連携できると非常に便利です。
代表的なものと、どのように連携できるかを紹介します。

連携できるアプリどのように連携できるか
Google DriveURLを張り付けることで、ファイルを共有できる
GitHubコミットやプルリクエストなどを通知設定できる
Drop boxファイルのインポートが可能
Twitter指定したアカウントのツイートを、自動で表示できるようにする

2.開発環境に合わせてカスタマイズ可能

上級者向けになりますが、WebAPIと連携できるようにしたり、Botを作成できたり、
カスタマイズの自由度が高いです。
適切なカスタマイズをすれば、より開発の効率が上がっていきます。

さいごに

私はこの本を参考にSlackを練習しました。
アカウントを2つ作っておくと、より実務に近い形で練習できるのでオススメです。

他にもSlackの使い方を紹介したブログがあるので、
上手く導入できなかった方は、こちらのサイトも参考にしてみてください。

Slackの導入について

【完全初心者向け!】コミュニケーションツールSlack(スラック)の使い方
初心者向けに社内コミュニケーションツールSlack(スラック)の使い方について解説しています。Slackの始め方や登録方法が分からない方でもスムーズに進められるはずです。便利なツールなので、ぜひ使い方をマスターしましょう!

Slackの日本語化については以下のサイトを参考にしてみてください。

世界中で大流行の「Slack」とは? 特徴と始め方、日本語化の手順を解説! | SELECK [セレック]
※2018年10月5日、内容を大幅に更新しました。 いまや破竹の勢いで拡大を続ける、ビジネス向けチャット「Slack(スラック)」。「Slackとは?」「何がそんなにすごいのか?」「始め方は?」「どうやって日本語化するの?」といったことを日本語で解説します! 本記事の公開時には英語版のみだったSlackですが、現在は日...

以上Slack入門でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました