【超厳選】システムエンジニアのためのショートカットキー Excel編 【永久保存版】

PC作業

この記事の最終更新日: 2020年11月10日

システムエンジニアのための ショートカットキー Excel編

はじめに

Microsoft社の提供する、Excelは幅広い企業で使われています。
もし、あなたがExcelでショートカットキーをほとんど使っていないなら、
あなたの仕事の速度を100倍以上にできる可能性があります。
これは誇張ではなく、事実です。
(逆に言えば、ショートカットキーを使いこなす人に比べて100倍仕事が遅い可能性もありますが、、、)

仕事の速さは、やる気以上に、時間短縮の裏技を知っているかどうかに比例します。
ぜひ、1つだけでも良いので、覚えたショートカットキーを職場でも使ってみてください。

直前の操作を繰り返す F4

一番最初に紹介するF4が、Excel最強のショートカットです。
Excelといえば、F4です。
これだけはなにがなんでも覚えましょう。

Excel ショートカット F4
Fnキーは押せていますか?

ノートパソコンでは、F1~F12キーが、画面の明るさ調整や音量調整ボタンと一体になっていることがあります。
その場合は左下のFnキーを押しながらF1~F12キーを押すと反応します。
(Fnキーが光るような場合は、Fnキーを一度押すだけで大丈夫です。)

F4で同じ処理を繰り返してみる

F4は、指定したセルに対して、直前の操作を繰り返します。
単純なだけに強力なショートカットです。

f4ショートカット excel 説明

セルを文字入力モードにする F2

セルに文字を入力する際に、毎回ダブルクリックしていませんか?
F2を押すだけで、文字を入力できるようになります。

セルの挿入 Ctrl + ⇧Shift + ‘+’

行の挿入も、ショートカットキー1つで済んでしまいます。
ctrl + shift + ‘+’ は非常によく使うショートカットです。
行全体を選択した状態でこのショートカットを使うと、1行追加できます。

セルの挿入 行の挿入 ショートカット

Ctrl + ⇧Shift + ‘+’ で行を挿入してみる

行の追加 ショートカット Excel

行の削除 Ctrl + ‘-‘

セルの削除も、ショートカットキー1つで済んでしまいます。
セルの挿入とセットで覚えてしまいましょう。
行全体を選択した状態でこのショートカットを使うと、1行削除できます。

セル削除  ショートカット excel

Ctrl + ‘-‘ で行を削除してみる

行の削除 Ctrl - Excel

「セルの書式設定」ダイアログを開く Ctrl + 1

罫線を引くときなどによく使います。
毎回左上までカーソルを移動させて設定するより、
遥かに楽になります。

セルの書式設定 ショートカット Ctrl 1

Ctrl + 1で罫線(けいせん)を追加してみる

ctrl + 1 で罫線を追加 Excel
Fnキーは押せていますか?

ノートパソコンでは、F1~F12キーが、画面の明るさ調整や音量調整ボタンと一体になっていることがあります。
その場合は左下のFnキーを押しながらF1~F12キーを押すと反応します。
(Fnキーが光るような場合は、Fnキーを一度押すだけで大丈夫です。)

さらにショートカットキーを極めたい方は、こちらの記事もどうぞ

おすすめの書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました