システムエンジニアのためのショートカットキー 超汎用編 Windows10版【永久保存版】

ショートカットキーPC作業

この記事の最終更新日: 2020年11月10日

システムエンジニアのためのショートカットキー 超汎用編 Windows10版【永久保存版】

はじめに

ショートカットキー、使っていますか?

右クリックで、コピーと貼り付けをした場合は5秒。
ショートカットキーを使えば1秒で完了します。

実に4秒の差。しかし、この動作は一日に何10回、何100回と使います。
人によっては1000回はくだらないかもしれません。

1000回使えば4000秒。1時間6分です。
「一日にそんなに何度もコピーと貼り付けをしない」と思った方、
これはあくまで2つショートカットキーを覚えただけの計算です。
10個ほどショートカットキーを覚えるだけで、今のあなたに一日1時間は自由な時間が増えるでしょう。
もっと覚えれば、さらに時間が増えるかもしれません。

浮いた時間をどう使うかはあなたの自由です。
残業せずに家に帰ってゆっくり過ごすも良し。
スキルアップのための勉強時間に使っても良し。
さらに大量の仕事をこなして会社に貢献しても良し。

仕事の速さは、やる気以上に、時間短縮の裏技を知っているかどうかに比例します。
ぜひ、1つだけでも良いので、知らないショートカットキーを職場でも使ってみてください。

daigoro

超重要汎用ショートカット

項目をコピーする Ctrl + C

選択した項目をコピーしてクリップボード(一時的に保存できる領域)に記録します。
項目を複製したい場合に使いましょう。

Ctrl + C  コピー ショートカット

項目を切り取る Ctrl + X

選択した項目を切り取って、クリップボード(一時的に保存できる領域)に記録します。
コピーと違うのは、選択した項目が削除されることです。
項目を移動させたいときに使いましょう。

Ctrl + X 切り取り ショートカット

クリップボードの履歴を表示する Windowsキー + V

過去にコピーした項目の履歴を表示でき、再度貼り付けに使えます。
実はあまり使われていないですが、非常に便利です。
Ctrl + C は押し間違いで予期せず上書きされてしまうことがよくあります。
このショートカットで、再度コピー元に戻ってコピーしなおす必要が無くなります。

Windows + V クリップボードの表示

項目を貼り付け Ctrl + V

上記のショートカットなどで、クリップボードに記録された項目を張り付けることができます。
上記のショートカットとセットで覚えてしまいましょう。

Ctrl + V 貼り付け

ファイルを上書き保存 Ctrl + S

作業中にパソコンがフリーズして、データが消えてしまう。ということは誰でも経験があると思います。
このショートカットを、定期的(10分おきなど)に押すクセを付けておけば、大きく後戻りすることはないでしょう。

Ctrl + S セーブ 保存

ファイルを名前を付けて保存 F12

ファイルに名前を付けて保存する場合は、F12を押すクセをつけておくと、
Ctrl + Sとあわせて、メニューから保存する必要が完全に無くなります。

F12 名前を付けて保存 ショートカットキー
Fnキーは押せていますか?

ノートパソコンでは、F1~F12キーが、画面の明るさ調整や音量調整ボタンと一体になっていることがあります。
その場合は左下のFnキーを押しながらF1~F12キーを押すと反応します。
(Fnキーが光るような場合は、Fnキーを一度押すだけで大丈夫です。)

操作を元に戻す Ctrl + Z

タイプミスなどで、ひとつ前の作業に戻りたい場合は、Ctrl+Zで戻れます。
非常によく使うショートカットです。

Ctrl + Z 戻る

元に戻した操作を取り消す Ctrl + Y

Ctrl+Zで作業を戻しすぎた場合に使います。
作業をひとつ先に進めます。

Ctrl + Y 進める

カタカナに変換する F7

カタカナに変換する場合に、一発で変換できます。

F7 カタカナ変換 ショートカット

英数字に変換する F10

F10を押せば、英数字に変換できます。
これを覚えておけば、打ち直しが劇的に減ります。

F10 英数字変換 ショートカット

スクリーンショットを撮影する

クリップボードに貼り付け Fn + PrtScr

スクリーンショットを撮影してクリップボードに画像を貼り付けます。

Fn + PrtScr スクリーンショット ショートカット

画像として保存する Fn + Windowsキー + PrtScr

そのまま画像として保存したい場合に使います。

Windows + Fn + PrtScr スクリーンショット 画像として保存

範囲を指定して貼り付け ⇧Shift + Windowsキー + S

範囲を指定してスクリーンショットをすることができます。
微調整が可能です。トリミングして保存できます。

Shift + windows + S スクリーンショット 範囲 指定 保存

画面をロックする Windowsキー + L

画面をロックして、スクリーンセーバーを表示します。
顧客情報を扱うような職場では必須です。

Winsoesキー + L スクリーンセーバー 画面ロック

ブラウザ用ショートカット

新しいタブを開く Ctrl + T

ブラウザで新しくタブを開くことができます。

Ctrl + T ブラウザでタブを開く タブを追加 新規タブ

タブを閉じる Ctrl + W

ブラウザで、現在のタブを閉じることができます。

ctrl + w タブを閉じる

右のタブに切り替える Ctrl + Tab

右にあるタブに移動します。

Ctrl + Tab ブラウザ 右のタブに移動 移る

左のタブに切り替える Ctrl + ⇧Shift + Tab

左のタブに移動します。

ctrl + shift + tab 左のタブに移動

最後に閉じたタブを復活させる Ctrl + ⇧Shift + T

間違えて閉じてしまった場合に、タブをもう一度開く事ができます。

ctrl shift T タブ 復活 ショートカット

新しいウィンドウを開く Ctrl + N

新規ウィンドウを開く事ができます。

Ctrl + N 新規ウィンドウを開く ブラウザ ショートカット

戻る(ブラウザバック)・進む Alt + ←・→

ブラウザバックと進む事ができます。
これを覚えれば、毎回左上までマウスカーソルを動かす必要が無くなります。

Alt + 右 左 ブラウザバック 進む ショートカット

ページの再読み込み(更新) F5

ページの更新を行う事ができます。リロードとも言います。
Webアプリ開発などでもよく使います。

F5 ページの更新 ブラウザ リロード

ページを保存して、オフラインでも見れるようにする Ctrl + S

HTMLファイルをダウンロードできます。
ダウンロードしたファイルは、オフラインでも閲覧可能です。

Ctrl + S 保存 ブラウザ HTMLファイル
Fnキーは押せていますか?

ノートパソコンでは、F1~F12キーが、画面の明るさ調整や音量調整ボタンと一体になっていることがあります。
その場合は左下のFnキーを押しながらF1~F12キーを押すと反応します。
(Fnキーが光るような場合は、Fnキーを一度押すだけで大丈夫です。)

おすすめ書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました