コピペするだけで痒いところに手が届く!JavaScriptサンプルコード集

javascriptJavaScript
この記事は約3分で読めます。

この記事の最終更新日: 2022年11月1日

javascript

配列の中身をシャッフルする

配列の中身をランダムに入れ替えたい場合、以下のソースを参考にしてください。

const shuffleArray = (arr) => arr.sort((a, b) => 0.5 - Math.random());
console.log(shuffleArray([1, 2, 3, 4, 5]));
// [2, 5, 4, 1, 3]

50%でTrueになる、Boolean値を取得する

コインの裏表のように、2分の1の確率でTrueになる関数です。

const getRandomBooleanValue = () => Math.random() >= 0.5;
console.log(getRandomBooleanValue());
// false
console.log(getRandomBooleanValue());
// true

ダークモードを検出する

ダークモードの有無で表示を変えたい場合などに重宝する、検出サンプルコードです。

const darkMode = window.matchMedia && window.matchMedia('(prefers-color-scheme: dark)').matches;

ページ上部まで自動スクロール

ページの一番上(トップ)に移動させたい場合は、以下のサンプルコードを参考にしてみてください。

const scrollToTop =() => window.scrollTo({top: 0, behavior: 'smooth'});

配列の空判定

配列が空 []かどうかを判定し、boolean型で返すサンプルコードです。

const isArrayEmpty = (arr) => !Array.isArray(arr) || !arr.length;
console.log(isArrayEmpty([1, 2]));
// false
console.log(isArrayEmpty([]));
// true

奇数偶数判定

値の中身が奇数か偶数かを判定し、boolean型で返すサンプルコードです。

const isOdd = (number) => number % 2 === 1;
console.log(isOdd(1));
// true
console.log(isOdd(2));
// false

時間の表示を24時間制から12時間制(AM/PM)に変換

24時間表示からAM/PMの12時間表示に変更したい場合は、以下のサンプルを参考にしてください。

const convert24hTo12h = (hour) =>
  `${hour % 12 === 0 ? 12 : hour % 12}${hour > 23 || hour < 12 ? "am" : "pm"}`;
console.log(convert24hTo12h(1));

コメント

タイトルとURLをコピーしました