職業訓練校に5ヶ月通った私が、プログラミングスクールではなく職業訓練校をオススメする理由【差額120万円以上】

プログラミング

システムエンジニア・プログラマーに転職を考えている人へ

悩める<br>サラリーマン
悩める
サラリーマン

今の仕事が自分に合っていない、、、
プログラミングスクールに通って、
システムエンジニアに転職したい、、、

この記事は、このサラリーマンのように、
システムエンジニアやプログラマーに転職を考えている人、
特にプログラミングスクールに通うことを検討している人に、
”職業訓練校”という選択肢を加えてほしい」という思いで書きました。

内容

プログラミングに興味
プログラミングに興味

プログラミングに興味があるけど、
何を勉強していいかわからない、、、
プログラミングスクールに通うべき?
ネットにもたくさん広告がでてるし、、、

と考えている方は、要注意です。
特にプログラミング超初心者がプログラミングを学ぶ場合は、
学ぶ場所によるアドバンテージは、ほとんど差がなくなります。

プログラミングは方言

プログラミングは方言のようなもので、一つの言語ができれば
プログラミング初心者にとって、それぞれの言語の書き方よりも大事なものがあります。
それは、プログラミング独特の概念を覚えることです。
変数、関数、クラス、オブジェクト指向、などなど様々な専門用語で溢れかえっています。
きっと最初はそれを覚えることでいっぱいいっぱいになると思います。

しかし、基本的な概念を身につけることができたら、
あとでいくらでも他の言語に乗り換えることができます。
最初は何の言語でも良いので、一つ習得できるように頑張るのがオススメです。

双方の注意点

プログラミングの基本的な概念を学ぶのに、
プログラミングスクールに通った場合と職業訓練校で大きな差は無いです。
どちらも先生に質問に行けば、手厚く教えてくれるでしょう。
ただ、プログラミング初心者にプログラミングの概念をわかりやすく教える教師には、
プログラミング以外の教養を元に、わかりやすく例える能力が必要です。
シンプルで基本的だからこそ、実は教える方は難しいのです。
わからないところは積極的に質問して、絶対に理解するように心がけましょう。

費用面の差

ここが一番大事です。
現実問題として、費用面の差は一番考慮しなければならないと思っています。
お金を払っているのだから、
プログラミングスクールの方が内容が優れているべきなのは絶対です。
ただ、費用に対して、本当にその価値があるのかは考えなければいけません。

プログラミングスクールに半年通った場合の費用(相場)

上級コース  → 70万円払う

初心者コース → 40万円払う

訓練校に半年通った場合の費用(新卒2年目で退職した場合)

初心者コース → 約80万円貰う
(おそらく上級コースは存在しません。)

何と初心者コースは120万円

上級コースは150万円も差があるのです。

退職後にかかる出費は大きい

しかも仕事を辞めて、プログラミングを学習しようとすると、
無収入の状態で健康保険と住民税を払わなければいけません。
あっという間に20〜30万円はなくなります。
さらに食費や生活費なども合わせると、さらに出費は膨れ上がります
職業訓練校に通っていた私も、思った以上に余裕がなかったです。
自分の状況(受けたい指導レベル、資産状況)に合わせて、
プログラミングスクールと、職業訓練校のどちらに通うかをご検討ください。

職業訓練校に通ってみた感想

結論から言うと、私が職業訓練校に通って満足しています。
訓練校では設計・テスト・コーディングまで学べるようにカリキュラムが組まれていました。
私は前職がSEでプログラミング経験者でした。
そのため、グループワークではマネジメントを担当してくれるなど、
その人のスキルにあった対応をしてくれる印象でした。
(面談で可能な限りの希望も聞いてくれました。)
地域の訓練校によってカリキュラムや設備も違うと思いますが、
ご参考にしていただけると幸いです。

以上daigoroでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました